会社案内

代表挨拶

(株)三和食品は、「品質第一」をモットーに、日々、親鶏の加工に取り組んでいます。

ここ茨城県は採卵養鶏が日本一盛んな地域ですが、関東では親鶏を食べる文化がまだまだ根付いていないのが現状です。

私たちは社員一丸となって、安全・安心な親鶏食材を提供し、親鶏文化の発信・普及に貢献していきます。

代表取締役 稲毛田拓也

三和食品 代表取締役 稲毛田拓也の写真

会社概要

scroll

所在地 〒306-0501
茨城県坂東市逆井1718番地13
電 話 0280-88-1155
E-mail nagai-t@sanwa-ssg.co.jp
H P https://www.sanwa-ssg.com/service/syokuhin/
設 立 昭和51年5月
従業員数 31名(男性 20名、女性 11名)
事業内容 ミンチならびにスープの製造および販売
資本金 1,500万円

会社沿革

scroll

昭和51年 鶏卵・鶏肉の生産、加工、販売を目的として(有)三和食品を設立。
平成 3年 資本金を1500万円とし、(株)三和食品に組織変更。
平成 4年 認定小規模食鳥処理場の認可を取得する。
平成 5年 カナダPOSS社の骨肉分離機(ミンチマシーン)『PDE-2500』を購入。ミンチの製造を開始する。
平成 9年 マスコロイダーでミンチの副産物を製品化する。
平成17年 スープ用ダシパックの設備投資をして生産を開始。チキン、チキン&ポーク、ポークの3種類を柱にあらゆるニーズに対応。
平成23年 液体用スープ工場を増設。丸鶏のうまみを抽出したストレートタイプ(冷凍)。
ISO22000(スープ除く)を認証取得する。
平成25年 スープ用の加圧釜(2トン)を導入。加圧、常圧と2種類のスープ生産が可能。
平成26年 いばらきHACCP(SCM・SCM-M)を認証取得する。
平成28年 スープ用の濃縮機を導入。
平成30年 スープ用の加圧釜(2トン)を2台に増設。
令和 1年 スープ用の加圧釜(2トン)を3台に増設。